名古屋の水漏れ修理ならここ
2020年9月18日 名古屋の一般住居内の水漏れ修理で実施されている方法

名古屋の一般住居内の水漏れ修理で実施されている方法

水道設備の使用をおこなううえで、切っても切り離せない問題が水漏れです。

水回り設備には必ず水漏れを防ぐために効果のあるパッキンという部品が備わっています。

このパッキンとはラバー製の厚さ1cmのリング状になっているのが特徴で、ラバー製であるが故に水に長い期間、水に触れていると劣化するのが特徴です。

劣化をすると小さなひび割れが生じ、そこから水が漏れだすというわけです。

中部地方を代表する大都市・名古屋では、年間約260万件もの水漏れ修理依頼が各専門会社に寄せられていることが市の市上下水道局の報告で明らかになりました。

この件数は他の市町村よりも格段に多くなっており、その原因として挙げられるのが上水の配水時に加わる水圧が240hpと高いことに起因しています。

名古屋では他の市町村が実施している降水型配水ではなく、ポンプを使用した高水圧型配水を採用しているのが特徴です。

これにより年数経過で自然劣化する水栓器具のパッキンにさらに負荷が掛かって、短期間で劣化を起こすという結果を招いています。

名古屋にある専門会社では頻繁にトラブルを起こしている一般糧に向けて、水漏れ修理と同時に水圧低減器を設置する対応も取られています。

この水圧低減器とは、住居内の配管と水道管の間に取り付ける機器で、文字通り水圧を弱める効果を発揮します。

他の市町村のように120hp程度の水圧にしてから各箇所に設置している水栓器具へと水が届くので、水漏れトラブルを起こしにくくすることが可能です。

この器具を設置する際は、修理の頻度を専門会社に伝えれば必要か否かを判断してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *